水漏れが原因のトイレの交換

トイレの水漏れのトラブルにより、トイレの交換が必要になる場合もあります。陶器製のトイレは、問題なく使用できれば長く活用できますが、水漏れなどのトラブルが起こることで交換の必要性があります。経年劣化によるトイレの寿命が原因で水漏れがある場合には、本体の交換をしなければいけないことを理解しておきたいものです。

■頻繁なトラブルは交換の原因になる  

トイレの水漏れのトラブルが頻繁に起こるときには、トイレ自体が寿命になっていることがあります。この材質は陶器なので長く利用できるものになっています。そのため水が漏れるトラブルや破損がなければ、ほぼ半永久的に使用することが可能です。しかし、便器そのものに支障がなく使えても、タンクの内部に使用される部品は年月の経過によってトラブルが発生したすることもあり、これらの状況によってはトイレの寿命だと判断することがあります。



■トイレは修理と交換のどちらがいいのか

破損しない限り長く使用できる陶器製のトイレも、実は適切な使用年数が存在しています。利用する状況や環境により年数の違いがありますが、タンクや配管に使用されている部品の寿命が10年から20年程度であることが多く、修理にするか交換にするか判断に迷う時期でもあります。この時期に到達した時に水漏れなどのトラブルがあるときには、新品のものに交換することが1番早く確実な問題解決になります。



■まとめ  
陶器製のトイレですが長く使用していると水漏れなどのトラブルにより交換する必要が生じてきます。頻繁にトラブルが発生するときには寿命だと判断することもあるので、長く利用してきた場合には思い切って交換することも必要になります。その後の快適なトイレライフを過ごすためには必要な決断です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ